ネコスキーの日記

お題募集による掌編小説 Part4「悲しみ」「現在」「正直になれない自分」

第四回は、セインさんから頂いたお題、

テーマ「悲しみ」 時代「現在」 内容例:「正直になれない自分」


です。





タイトル: 一人じゃないから

「何か怒ってない?」「いっつも機嫌悪いよね」「俺、嫌われてる?」
 私がよく言われる言葉。
 当たり前のことだけど、私は生まれた時から、こんな無愛想な人間だったわけじゃない。
 子供の頃は、多分だけどそれなりに笑ってたと思う。だけど大人になっていくに連れて、自分の表情や感情を、素直に示すことが出来なくなっていた。
 今ではもう、仏頂面は私のステータス。私といえば、いつも不機嫌な事務員。そんな印象しかないと思う。別に、それが悲しいなんて思わない。
 しょうがないじゃない。だって、素直に笑う方法なんて、忘れてしまったんだから。


「あ、あ~……真山くん、ビール注いでくれるかな?」
「そこにあるんだから、自分で注いだらいいじゃないですか」
 休日前の飲み会、部長の要求を突っぱねて、私は自分のグラスを豪快に傾ける。
 部長は、はあ、と短いため息をついて、他の若い社員に話しかけた。
 こういう場所は、すごく苦手。
 愛想よくなんて出来ない私は、皆が騒いでいるこの雰囲気の中で、どこか孤独だった。
 だからって、部署の全員が参加している飲み会を欠席するのは、協調性がないのにも程があるだろう。
 ……といってもこんなんじゃ、参加してないようなものかもしれないけど。
「薫センパ~イ、グラス空いてますよ~」
 気の抜けるような猫なで声で話しかけてきたのは、後輩社員の赤坂祐子。
 誰に対しても人懐っこく、いつもにこにこ笑っている、若くて可愛い部署内のアイドル的存在。
 だけど私は正直、彼女のことがなぜか気にくわない。
 彼女が新人だった頃、私がその教育係を任された。
 だけどコイツときたら、その時からずっと私のことを名前で呼んでいる。
 馴れ馴れしいにも程があるっつーの……。
「私は勝手に飲んでるから、あんたは他の人の相手でもしてなさいよ」
「え~……」
 赤坂は不満顔をするけど、すぐに他の上司からお呼びがかかったらしい。
 私と違って、赤坂は気のいい返事をしながらビールを注いで回っている。
 私もあんな風に、笑って人と接することが出来たら……なんて思うのは悔しいから、そんなことは考えないことにした。


「って……終電逃した……!」
 飲み会が終わった帰り道、ふらふらする頭を押さえながら時計を見てみると、今まさに終電が出る時間だった。
 ここから駅までは走って五分……タイムリミットは……三十秒くらいかな?
 ……間に合うわけないじゃない! あーっ、もぉー!
「最悪っ!」
 ……って、今のは私の声じゃない。
「あれ? センパイ! 薫センパ~イ! センパイも終電逃しちゃったんですかー? 私もなんですよー!」
 赤坂だった。馴れ馴れしく私の腕にじゃれつきながら、酒臭い息を吐く(私も酒臭いだろうけど)
「じゃあ二次会いきましょうよー、二次会!」
「え~……なんでアンタと」
「そこの公園でっ!」
 しかも公園でかよ! なんてツッコム暇もなく、私は赤坂に引っ張られていった。


 深夜の公園で女二人って、結構不用心かも……まぁ、すぐそこにコンビニもあるし、大丈夫か。
「ちょっとセンパイー? 全然飲んでないじゃないですかー」
 けたけたと笑いながら、赤坂が缶チューハイを飲み干し、二本目に手をかける。
 この子、結構酒癖悪いわね……。
「あー、楽しいですねーっ、センパイー」
「……別に楽しかないわよ」
 ぐいっ、と缶チューハイを飲み干して、私は吐き捨てるように呟いた。
「ダメですよセンパイ~。もっと楽しそうにしないとー」
「そんなの、私の勝手でしょ」
「せっかく美人なのに、愛想ないのもったいないですよー」
 酔っ払いの冗談のように言われても、全然嬉しくない。
 絡み上戸かこの子……。
「そんないっつも仏頂面してると、そのうち笑い方忘れちゃいますよー?」
 ……あ、今のはちょっと……いや、かなりカチンときた。
「笑い方なんて、もう忘れてるわよ」
「……え? センパイ?」
「仏頂面結構よ、何が悪いの? そうよ、機嫌悪いのよ、いっつもね。放っといてよ、笑えないのよ、あたしは」
「せ、センパイ? あ、あははー……だ、大丈夫ですか?」
 場を取り繕うかのような赤坂の笑いが癪に障って、私は堪え切れなくなった。
「アンタみたいに何にも考えず、いっつもへらへら笑ってらんないつってんのよ!」
 酔った勢いで、思いっきり叫んでしまった。
 赤坂は、びくりと身体を一度震わせて、俯いてしまう。
 その肩は小刻みに震えていた。ヤバイ、泣かせちゃった……?
「……何にも考えずって、何ですか」
「へ? あ、赤坂?」
「私だって、好きでへらへら笑ってるわけじゃないわよ!」
 弾けるように、赤坂が声を張り上げた。
「お茶くみはいっつも私の仕事! かっ……課長のセクハラだって、ウザいし! 飲み会だって、さっきだって私ばっかお酌させられてっ……」
 赤坂の目尻には、うっすらと涙が滲んでいた。
「へらへら笑ってって……だって、だって……そんなのっ……」
 赤坂からは、いつものような人当たりのいい表情は消えていた。
 涙が彼女の頬をつたって落ち、彼女の膝をぽつりと濡らす。
「しょうがないじゃない! 他のやり方なんて、忘れちゃったんだもん!」
 そう叫んだ直後、赤坂が泣き声を上げる。
「う、うぇ……」
「赤坂……」
 ……あぁ、そっか、この子も私と同じなんだ。
 自分に正直になれなくて、仕方ないなんて割り切っても、本当は心の中で、ずっとずっと悲しかったんだ。
「うぇぇ……!」
 正直になれない自分のことが、こんなに悲しかったんだ。
「……うっ、ふぇ……」
 やだ、私まで、こんなとこで泣くのなんて、格好悪いのに、なんで……。
「ふぇぇん……」
 堪えられなくなって、私もついに泣き声をあげてしまった。
 年甲斐もなく、まるで子供のように泣いていた。
 深夜の公園に酒臭い女が二人、年甲斐もなく泣きじゃくっていた。


 互いに目を真っ赤に腫らしながら、泣き疲れた顔を見合って、私達はなんだか可笑しくなって笑いあった。
 こんな風に笑うことなんて、随分と久しぶりのような気がした。
 でも、こういうのは全然、悪くないと思う。
「……ねぇ、赤坂」
「……なんですか? 薫センパイ」
「今日、なんか用事ある?」
 久しぶりの休日を公園で迎えるなんて、本当は最悪の気分になるはずだったのに。
「全然ないです。私実は、けっこー寂しい女なんですよー」
「おー、そーかそーか」
 なぜだか、私達の気持ちは晴れやかだった。
「んじゃ、こんな公園じゃなくって、まだ開いてるお店探すわよ!」
「おーっ! 今日は朝まで飲みましょー!」
 自分だけが悲しいんじゃない、辛いんじゃない。
 同じように悩んで苦しんでる、仲間がいるんだから。
「戦う女達にー!」
「カンパーイッ!」
 私達はきっと、一人じゃないんだ。

―完―


第四回は、現代風小説になりました。

自分では割とこういう話が好きなんですが…まぁコメントは控え目にします(・w・

お題くださったセインさんに感謝しつつ、第四回はこれにて終了!
[PR]
by necosuky | 2007-09-08 19:47 | 掌編小説
<< お題募集による掌編小説 Par... お題募集による掌編小説 Par... >>



明日っていつの明日よ?
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
小説関係と注意書き
秘密結社有限会社デベデ


当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
お気に入りブログ
最新のトラックバック
芝刈り機
from 芝刈り機
ねこ鍋
from ねこ鍋
お嬢様の証明
from 隠れた面に魅力がいっぱい!..
「女性の美」
from 谷水の日記
スポーツマンシップ
from 豊留の日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧