ネコスキーの日記

お題募集による掌編小説 Part8「バイト」「メガネ」「花」

第八回は、トリさんから頂いたお題、

「バイト」 「メガネ」 「花」

です。






タイトル:Eryngium(エリンジウム)


 彼女に恋したあの夏を、忘れない。


 彼女の名前は、松山理香さん。
 長くて綺麗な黒髪の、クールで知的な美人。
 だけど時々かけていたメガネを落とし、照れたように笑って誤魔化しながらそれを拾う。
 クールな外見とは裏腹に、結構抜けてるとこがあったりして、案外子供っぽい人だ。
 会社帰りの彼女は、俺がバイトしている花屋に閉店間際よくやってきて、閉店の時間まで花を眺めていく。
「花が好きなの」
 彼女は笑って、だけど、どこか寂しそうにそう言った。
「祐平くん、男の子なのに花屋のバイトなんて、珍しいわねぇ」
「……変ですか?」
 男でも、花が好きなんだから仕方ない。
「ううん、別にね、変だなんて思ってないの。花、好きって言ってたもんね。そういうの、いいと思う」
 多分今、俺の頬は少しだけ赤く染まっているだろう。
 ばれないように、彼女のほうを見ずに花の手入れをする。
「ねぇ、祐平くん」
 背中越しに、彼女の声が聞こえてきた。
「夏の花って、どんなのが良いの?」
「どんなのがって……」
 漠然とした質問に戸惑いながら、俺は答えを提示する。
「良いかどうかはわからないですけど、定番ならアサガオとかヒマワリがいいんじゃないですか?」
「へ~……他には?」
 花を指先でつつきながら、理香さんが続きを促す。
「ハイビスカスなんか、いかがでしょうか」
「ハイビスカス……これ?」
「……それはサルスベリです」
 サルスベリを差した指先を、理香さんは白々しく別の花に移した。
 ……新たに指差した花は、クチナシだった。
 まぁ、それは置いといて、
「買ってくれるんですか?」
 と訊ねた俺に、
「まっさかー」
 と彼女は胸を張って否定してくれた。
 ……たまには少しくらい、売り上げに貢献してもらいたいものだけど。
「……私が買っても、すぐ枯らせちゃいそうだもん」
 そう言った彼女の横顔は、やはりどこか寂しそうだった。
 たまに彼女はこうやって、いつもとは少し違った表情を見せる。
 初めて会った時から、どうしてもそれが気になった。
「あ、もう閉店の時間だね」
 そう言いながら立ち上がり、彼女は足早に店を出ていく。
「じゃあまたね、祐平くん」
 振り返りもせず立ち去る彼女の後姿を、俺は少しだけ寂しく思った。


 この日の理香さんは、いつもと様子が違った。
 まず、いつもは閉店間際にやってくるのに、今日は夕暮れ時に来店した。
 そして何か物思いに耽るように、花を見つめながら時々ため息を吐いている。
 夕闇が店の中へ足を踏み入れてくる頃になっても、彼女はずっとそうやっていた。
「今日って、お祭りなのね」
 不意に、理香さんが声をかけてくる。
 商店街の通りに並んだ屋台。
 たこ焼きに金魚すくい、子供心を奮い立たせるような、くじ引きの屋台もあるだろう。
「俺は、バイトがあるから見て回れませんけどね」
 特に残念でもないけど、残念そうに呟いてみる。
 理香さんは笑っていた。
「でも、お店の外に飾ってる花のお世話は、しないとね」
「え? ええ、まぁ」
 含みのある笑みを浮かべながら、理香さんが小声で囁いてくる。
「近くで花火やるんだって。お店の外で、一緒に見ようよ」
 理香さんの急な誘いに、胸が思わず高鳴ってしまう。
「あーっ、祐平くん、顔赤くなってるっ。変な想像しちゃダメよ」
 年上のお姉さんぶって(実際その通りだけど)からかう彼女に少しだけ戸惑いながらも、店の外へ出て行く彼女の後ろを、素直についていくことにした。
 明るく振舞っているけど、やはり今日の彼女の様子はどこかおかしい。
 何か悩んでいるのか、何かあったのか、俺はそればかりが気になっていた。
 店の外に飾っている花を手入れする俺の横で、理香さんは夜空を見上げていた。
「あっ」
 理香さんが声を上げるのと同時に、花火の音が聞こえてくる。
「始まったね。あーあ、祐平くん、一発目見逃しちゃったね」
 理香さんが振り返って俺の顔を見る……と同時に、二発目の花火があがった。
「二発目、見逃しましたね」
 少しだけ意地悪くそう言うと、理香さんは若干頬を膨らませてみせた。
 見た目だけは大人の女性、という感じなのに、やはり内面は時々子供っぽい。
「……次からは、見逃さないもん」
 食い入るように空を見つめる理香さん。
 花火の三発目が夜空を四色に彩る。
 しばし、二人で花火を見つめていた。
 道行く人々も、時には夜空を見上げ、花火に心を奪われている。
 花火の音が響くたび、夜空は色とりどりの花に彩られ、見ている人の心を魅了した。
「……私ね」
 不意に、理香さんが口を開いた。
「今度、結婚することになったの」
 花火の音が、響く。
 理香さんはいつの間にか俯いていて、空を見上げようともしなかった。
「実家の……ここからは、ちょっと遠いんだけどね、そこで、結婚することになったの」
 俺の隣で、俺が手入れした後の花をつつきながら、理香さんは伏し目がちに呟いた。
「だからもう……今みたいに、ここには来れなくなるの」
 小さな声だった。
 それなのに花火の音は、彼女の声にかき消されたかのように聞こえなかった。
 彼女とはもう、会えなくなる。
 彼女の笑顔を見ることも、出来なくなる。
 沈黙が続く中で、花火の音だけが響いていた。
「俺は……」
 小さく、小さく呟いた。
 夜空を見上げ、花火が上がるのを待った。
 俺の声が、かき消されるように。
 夜空に、一際大きな花が散った。
「あなたが、好きです」
 俺の声は、ちゃんとかき消されてくれただろうか。
 理香さんは、目を丸くして俺に訊ねた。
「……聞こえなかった……今、なんて言ったの?」
 今もなお、夜空に散り続ける花火を見上げながら、俺は口を開いた。
「あなたの幸せを、祈っています」


 人の多い駅の待合室に、やって来た。
 理香さんを見送るためだ。
 彼女は、花束を持って現れた俺を見て、いつもの笑顔を見せてくれた。
「どうぞ」
「ありがとう、祐平くん……自信ないけど、出来るだけ枯らさないように頑張るね」
 本当に自信が無さそうに笑う彼女を見て、俺まで釣られて笑ってしまう。
「ねぇ、この花、なんていう名前なの?」
 隠す必要もないような気はしたけど、俺はやっぱり、花の名前を教えるのはやめておいた。
「秘密です。自分で調べてみてください」
 意地悪くそう言った俺に、理香さんは口を軽く尖らせて、不満を表現した。
『――番線に、――行き列車が到着します』
 待合室に、アナウンスが響いた。
「…………」
 二人顔を見合わせたまま、俺は何も言えなかった。
 他の乗客が椅子から立ち上がり、待合室を出て行く。
 先に沈黙を破ったのは、理香さんだった。
「……それじゃ私、行くね」
「……はい」
「バイトも勉強も、頑張ってね。応援してるから」
「理香さんも……」
 無理に笑おうとして、俺は変な顔になっていないだろうか。
 最後の最後に彼女に見せる顔が、滑稽になってはいないだろうか。
「幸せに、なってください。応援してますから」
「……ありがとう」
 彼女は最後に笑顔を見せて、荷物をひいて待合室を出て行った。
 俺は、待合室の扉から背を向けた。
 溢れてくるものを抑えきれず、垂れ流してしまいそうになったからだ。
 彼女に、想いを伝えることが出来なかった。
 それでいい、彼女の邪魔なんて、したくなかった。
 それでも、溢れてくる想いを止めることなんて、出来るはずもなかった。
「……祐平くん」
「えっ?」
 去っていったはずの彼女の声、振り向いた俺の頬に、理香さんの唇が当たった。
 頬を赤らめながら彼女は俺から離れ、もう一度だけ笑顔を見せてくれた。
「……いつか、またねっ!」
 花束を大事そうに抱えて、理香さんは急いで待合室を飛び出していった。
 彼女の唇が当たった部分は、なぜか強い熱を持っているように感じられる。
 そして俺はようやく気づいた。彼女の残した、キスの意味を。
 俺の秘めた想いなんて、彼女はとっくに知っていたんだろう。
「……やられた……」
 やっぱり彼女に比べれば、俺はまだまだ子供だったんだ。そう痛感した。


 ねぇ理香さん、学生の分際で、ってあなたは笑うかもしれないけど、俺は本当にあなたのことが好きでした。
 見た目はクールなくせに、どこか子供っぽいところも好きでした。
 意外とおっちょこちょいで、よくメガネを落としては、何だかんだと誤魔化しながら拾う、そんなところでさえ好きでした。
 よくお姉さんぶって俺をからかっていたけれど、それでも、そんなあなたが好きでした。
 あなたの、笑っている顔が好きでした。
 あなたがいつまでも笑顔でいられるよう、あなたに贈ったあの花に、俺の願いを託します。


 彼女に贈った花の名前は、エリンジウム、秘めた愛。
 彼女に恋したあの夏を、忘れない。


―完―


f0034536_12532566.jpg

                 桜瀬さんより頂いた挿絵です。


 第八回は、青春恋愛小説になりました。

 今回のお題小説の中では、一番好きな話かもしれません(個人的には)

 悲恋モノではありますが、ただ悲しいだけの物語にしないよう、気をつかったつもりです。

 お題をくださったトリさんに感謝しつつ、第八回はこれにて終了!
[PR]
by necosuky | 2007-09-16 19:12 | 掌編小説
<< お題募集による掌編小説 Par... お題募集による掌編小説 Par... >>



明日っていつの明日よ?
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
小説関係と注意書き
秘密結社有限会社デベデ


当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
お気に入りブログ
最新のトラックバック
芝刈り機
from 芝刈り機
ねこ鍋
from ねこ鍋
お嬢様の証明
from 隠れた面に魅力がいっぱい!..
「女性の美」
from 谷水の日記
スポーツマンシップ
from 豊留の日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧